今日の仮説社

 

『煮干しの解剖教室』

7月8日に実施する煮干しの解剖教室のときに使う本はこれです。

『煮干しの解剖教室』
煮干しの解剖教室 

内蔵を貼り付ける台紙はこれです。

煮干しの解剖台紙40枚セット
03301815_58dcccb0423e5-2.jpg 

教室で教える方のためにはこんなものもあります。

煮干しの解剖実習セット
03292000_58db93b8a97c5.jpg 

★よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。

PageTop

『たのしい授業』7月号がでました

毎月3日発売の月刊誌『たのしい授業』7月号が出ました。
『たのしい授業』はその月の3日に,その月の号がでます。

06231238_594c8d2990320.jpg 

今月号の特集は,「これで漢字もいいカンジ」です。
内容目次は,下記のとおりです。

知識が生み出す〈偏見〉
松本キミ子

漢字指導に革命を!?
●「とめ・はね・はらい」は気にしなくていいってホント?
伴野太一
「とめ・はね・はらい」がきれいに書けるように子どもたちを目くじらを立てて指導する私。しかし,そんな私の常識をひっくり返す事実が……。え?「とめ・はね・はらい」は単なる◯◯◯◯!?漢字指導の常識を問い直す!

名前の漢字で授業をたのしむ
木下富美子
たとえ友だちや先生のだって,名前には興味しんしん。その漢字は学年配当なんて無関係。読み方もいろいろ。だからこそ名前は漢字のたのしさを伝える入門期ベストのテーマなのです。「難しい」のではなく「面白い」――それを10分で味わえる方法がここにいくつもあります!

〈総ルビテスト〉のススメ
坪郷正徳

絵を描くことで自分を好きになれる
●「ネギ」と「動く人」を初めて描いてみた
村岡京子
「もっと早く知っていれば!」と同時に,「たくさんの人に伝えたいなぁ」という技術。自分も捨てたもんじゃない!

ふくらむと,「重さ」は変わるの?
●爆裂!如意棒
阿部徳昭

お父さん お母さん ご安心ください!
●「親への手紙」でたのしい保護者会
小原茂巳
せっかく忙しい合間をぬって学校に来てくれる保護者の皆さん。その期待に応え,たのしい保護者会にするには?

友達からの一言紹介は 三者面談に最適です
●生徒理解にも役立つ!
道端剛樹

たのしいマット運動への道
●マット運動プラン③〈後転〉
峯岸昌弘
「手を頭の横に添えてマットをしっかりと押す」……後転の指導では必ずと言っていいほど使われるこのアドバイス。しかし,このアドバイスには,かえって後転が難しくなる落とし穴が隠されています。なにより大切なのは,まずスムーズに回転できること。そのために必要なのは?

ゆるい担任でも子は育つ
●卒業以来の再会で思ったこと
三木淳男
学校にかかってきた一本の電話。同窓会への招待でした。

◆◆ てがきのページ ◆◆
ボクはボク。 第4回
青木圭吾
参観日に《花と実》の授業。子どもにも保護者にも好評!

◆◆ ものづくり ◆◆

指先で回る風車
●紙切れ一枚でできるスゴ技☆
加子 勲
薬包紙やセロファン紙を折って作るお手軽風車。

『たのしい授業』は全国の書店でお買い求めいただけます。
お近くに書店がない場合は,通信販売もしています。
https://www.kasetu.co.jp/products/list.php?category_id=6

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif 

PageTop

「新しいガチャガチャ 深海生物 登場」

仮説社は,第一松岡ビルの3階にあります。
エレベータで3階についてドアが開くと,そこはもう仮説社内です。エレベーターホールとか廊下とかではないのです。初めていらっしゃた方はたいてい驚かれます。ぼくも驚きました。

さて,いま,エレベーターのドアが開くと,目の前に待ち受けているのが,このガチャガチャです。

2017-06-22 16 

4台ならんでいます。
そのうちの1台が新しくなりました。

深海生物です。メンダコや,リュウグウノツカイ,ラブカなどが潜んでいます。
リュウグウノツカイは,なんと,20センチ以上の大きさです。丸まって潜んでいます。ぜひ釣り上げてください。
深海生物ともども,みなさまのお出でをお待ち申し上げています。

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif 

PageTop

アースボール,近日販売開始

 写真は,直径1mの「アースボール」(米国製)です。
 質感としては,以前から販売している「太陽モデル」(30億分の1.直径50センチ,渡辺教具製)と同じようなものですが,もうちょっと厚みがあります。
 「人口衛星から撮影した画像をもとにしている」という点では,「1億分の1」の「ブルーテラ」(渡辺教具)とそっくりです。「アースボール」は「1300万分の1」です。
 「ビーチボール」としては,ちょっと大きすぎでしょうが,直径40センチのものもあるようです。

 写真のものは見本ですが,とても迫力があって面白いので,仮説社で近く販売することにします。
 値段はまだ確定していませんが,税別で1万5000円くらいになるでしょう。
 
 今販売している「地球モデル」はゴム製で,130センチくらいにして(ふくらませば2mくらいにもなる)を,「1000万の1のモデル」として授業でお使いになるようにおすすめしています。

 値段は高いかもしれませんが,デモ用には「アースボール」がむいていると思います。
 ちょっとしたキズなら補修できるのも,大きな魅力です。

 子どもたちに安心してさわらせられますからね。

アースボール

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

『理科教育法入門』,本日,発売!

  あなたはどんな人が教師に向いていると思いますか? 次の中から選んで○を付けてみてください。
「子どもと関わるのが好き/明るい性格/笑顔で元気/大きな声/お話し上手/日常会話が苦にならない/一人でいるより大勢でワイワイしている方が好き/人に教えるのが好き」
 さて,あなたはいくつ○が付きましたか? 
 ところで,本日発売の『理科教育法入門』の著者であるヤマジさんは,「普段のボクには一つも当てはまるものがない」と書かれています。にも関わらず,ヤマジさんは40年も教師を続けてきたのです。それは,なぜか?

やまじ画像

 本書は,ヤマジさんがその時々にぶつかった教育上の問題をどのように解決していったかを,一つひとつていねいに描いています。ですから,これから教師になる人にも,今,教師をされている人にも,すぐに役立つような内容になっています。「子どもたちに科学のたのしさを伝えたい」と思っているあなたの助けになること間違いなしです。(淳)
 
よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop