今日の仮説社

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仮説社のある街・巣鴨を走る電車

仮説社は,2年ほど前に,高田馬場から巣鴨に引っ越しました。
引っ越して1年を過ぎた頃から,ときどきご近所の方がふらりと来てくださいます。
ありがたいことです。
はやく「巣鴨の仮説社」になりたいなあと思っています。

ところで,みなさん,「巣鴨」をご存知ですか?
以前いた高田馬場からは,山の手線に乗って上野方面に4駅行った駅です。



とげぬき地蔵がある「地蔵通り商店街」が有名で,観光地になっています。
まだ巣鴨にも仮説社にもいらしたことがない方は,
ぜひ,一度おいでください。

★よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。

スポンサーサイト

PageTop

「エコカイロ」で職員室は大騒ぎ!

沖縄の下地美枝子さんからおたよりがありましたので,以下にご紹介します。

 沖縄もこの冬一番の寒さに,「さむいね~」という言葉が飛び交っています。
 先日は名護で10度以下まで下がり,あられも降ったようです。
 厚着をしたり,カイロを持っている子どもや先生もたくさんいます。

 ある寒い日の朝,職員室でN先生に「みてみてこれおもしろいよ!」と言って,
 「エコカイロ」をパチンとして温かくなるのを見せました。
 するととっても感動して「どこで売っているの? ほしいな」と言ってくれました。
 とても冷え性でカイロが手放せないのだそうです。
 そして,近くにいた別の先生にも「これすごいよ~」と紹介してくれました。
 「自分もエコカイロが欲しい」,という先生がたくさん集まり,
 友だちや家族の分も,という方もいて,
 なんと計80個ものエコカイロを仮説社に注文することになりました。

 g31038a_2.jpg
*「エコカイロ」。金属板をパチンとならすと,
 中身の液体が白く固まりながら熱を発する。
 冷たくなっても,お湯につけて液体に戻せばまた使えるようになる。
 「エコカイロ」の原理については,板倉聖宣『熱と分子の世界』(仮説社)をご覧ください。


 N先生は,カイロが温かくなってからどのくらいの時間使えるのかも実験して、
 さらに湯茶室でエコカイロを元に戻すやり方も実演して見せて説明してくれました。
 何度かやっているうちに,再度使うときは完全に冷めてからにしないと,
 中途半端に温かくなり始めるようだというのも分かったようです。

 エコカイロは化学反応を起こして温かくなる瞬間を見るだけでも,
 とてもおもしろいと思っていましたが,
 何度も使えるその実用性も理解できて,
 あらためて優れものだなと思いました。

 値段も手ごろだし,形もウサギちゃんでかわいいしね。
 沖縄の短い冬をエコカイロでポカポカ温かく……。
 しあわせ~。(2009.1.14 沖縄・下地美枝子さん)


「エコカイロ」は仮説社のホームページで購入できます。
「実験道具・おもちゃ」の「実験器具」のコーナーにあります。

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。