今日の仮説社

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トルティーヤ?

 (啓)さんがおもしろいものを家から持ってきてくれました。
070726_1336~0001.jpg
 この道具はいったい何に使うものでしょう?

 ……これは「トルティーヤ(メキシコの主食)」を作るための道具で,「トルティェロ (またはトルティーヤプレス)」 というそうです。
 写真上部の団子みたいなものは,とうもろこしの粉に脂と水を入れて練ったもの。これを鋳物の2枚の板の間に挟んでのばします。
 取っ手を握り,ギュギュっと下へ押すと,薄く丸く生地がのびるのです。

 薄く丸くのばした生地を,ホットプレートで焼いたらトルティーヤのできあがり。20070726174014.jpg
焼けてます。香ばしい,いい香りが漂います!

 一緒に食べる具としては,「ワカモレ」(アボカド,タマネギ,トマト,コリアンダー,ハラペーニョ,塩等を潰してペースト状にしたもの)や「チリコンカン」などが有名です。
 具無しでそのまま食べても,香ばしいとうもろこしの香りを楽しめます。
 何枚でも食べられそうです。


070726_1337~0001.jpg
 そうして,できたトルティーヤは(浩)氏のお腹へと消えていきました……。


よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

スポンサーサイト

PageTop

今日はそうめんパーティーだ!

 大量のそうめんをいただいたので(ありがとうございました),
今日は社内でそうめんパーティをひらきました。

20070718193604.jpg
我先にとそうめんにむらがるみなさん

 そうめんのつゆに小ネギと茗荷,紫蘇を入れていただく王道な食べ方も美味しいですが,
キムチを入れてみたり,ゴマドレッシングで食べてみたりすると,またひと味違って良いですよね。
 夏野菜の天婦羅といただくというのも,ぜいたくです。

 私は,茹でたそうめんを熱いコンソメスープにいれ,
上から鷹の爪とニンニクをオリーブオイルで炒めたものをかけ,
蒸し鶏をのせてバジルを振る,という洋風そうめんを友人に教えてもらってから,
たまに作ります。
 最初は「え,そうめんなのに洋風?!」と思いましたが,
作ってみたら意外とおいしいんです。

 まだまだたくさん,そうめんがあるので,美味しい食べ方があったらぜひ教えてください!

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

書店フェアのセッティングに行きましたのです。

毎年夏休みが近くなると,
全国各地の本屋さんで『たのしい授業・仮説実験授業フェア』というフェアをやります。

この時期になると,普段あまり目立つことのない仮説社の本が,
書店のかなり広めのスペースにずらりと並ぶようになります。
お店によってはおもちゃや実験器具なんかも置いてあります。

この辺の詳しいことはhttp://www.kasetu.co.jp/fair/top.htmlに書いてありますので,
よろしかったら読んでみてください。
どのお店でどれぐらいの期間フェアをやっているかも載っていますので,ぜひ。

さて,先日7月9日は,
新宿にありますジュンク堂書店新宿店にフェアのセッティング(準備)に行ってきました。
下の写真はセッティング完了時の様子。おもちゃや実験器具もあります。

20070711174819.jpg

完了までにちょっと時間がかかってしまったので反省です。
次も頑張ります。

ジュンク堂新宿店のフェアは8月末までです。
ぜひ足をお運び下さい。(次)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

イタクラの鏡

 仮説社・高田の馬場周辺のナゾについてお知らせしていこうと思い立ちました。
 まず,発見者の名にちなんだ「イタクラの鏡」です。

20070706185731.jpg
*写真はクリックすると大きくなります。

 JR「高田馬場(たかだのばば)駅」から仮説社に向かうと,左側に大きなビルがあって,その一階の一画にレンタルビデオの「ツタヤTSUTAYA」があります。その存在は目立つのですが,TSUTAYAの手前角にある鏡張りの広告(地下の喫茶店ルノワールのもの)は,あまり目立たないかもしれません。
 いや,広告としては目立っても,それが〈不思議な鏡だ〉ということに気がついている人は,ほとんどいないようです。
 「これが面白い」と発見したのは,『たのしい授業』編集代表の板倉聖宣さんです。
 どこが面白いのか。
 駅のほうから歩いてきて,その鏡に写った自分の姿に気が付いたら,鏡を見ながら歩きつづけましょう。
 自分に手を振ってみると,なおいいです。
 ここまで言ってから見てもらっても,何も驚かない人がけっこう多いのです。
 だから,もう一言付け加えます。
 その鏡は,「私」がその前を通り過ぎるまで,ずっと「私」をみつめながら,「私」を写しつづけているのです。
 右手を振ったら,鏡の像はどうふるまいますか?
 ふつう,鏡って,そういうものじゃないでしょ?
 「そうだなあ!」と気が付いたら,鏡に近づいて見てください。

 こういう,へんな行動をとっても,他の人は見向きもしません。
 もちろん,近寄ってもきません。
 さっさと通りすぎるばかり。
 高田馬場って,都会なんだなあ。
 
 〔付録・空想トレーニング〕その鏡を見ないでいたら,その鏡の像は,どうしているでしょう?(三)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

鯉ヘルペスか?!

 先日,「仮説社ちかくの神田川に鯉が見えない」という書き込みをしました。
 それに対して,「玉川上水のほとりで働いている小林」さんから,おたよりをいただきました。
 「玉川上水の鯉が〈鯉ヘルペス〉というのに罹ってるおそれがあって,昨年くらいから川沿いに〈鯉にさわっちゃダメ〉という看板が立っている」そうです。
 なお,鯉ヘルペスというのは,「人間にはうつらないらしいけど,養魚場とかに影響すると困る」のだそうです。
 小林さん,すごい情報,ありがとうございました。
 そういえば,「鯉ヘルペスがはやって大量処分。全国の養魚場が大打撃」というニュースを見たことがあります。
 でも,あれは何年も前だったような……。
 そうか,ニワトリだけじゃなく,鯉の苦難もつづいていたのか。
 不気味だなあ。

 神田川の鯉も,見るだけにしましょう。
 つかまえるのも,食べるのも,やめましょう。
 どれほど心残りでも……。(三)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

わがコイは,ラーメンに負けてる……

 今日も鯉を求めて神田川にやってきました。

 神田川の鯉は,仮説社から徒歩1分,橋の上からでも,川ぞいの岸からでも,
見ることができます(去年までは)。
 しかし,川ぞいの道にはガードレールのようなものがあって,「どこでも
見える」とはいえません。
 そこで,川を横目でのぞきながら左岸を上流へ。
 すると,いつも,人にぶつかりそうになる場所があります。
 これ,「鯉なかま」じゃないんですよ。
 なんと,「べんてん」というラーメン屋さんの行列。

TS350540.jpg
これがそのお店。〈ラーメン通〉の間では有名店だそう。

 店がすごく狭いので,いつも(昼でなくても)行列ができています。
 その行列は,通行のじゃまにならないように,店とは4メートルの道路を
はさんだ川沿いに伸びています。
 いつも鯉の消息に気をとられている私は,その行列につっこんでしまいます。
 悪いのは私ですが,とても気になることがあります。
 ラーメン屋のアキを待っている20~30人の中で,すぐ横の川の鯉を見ている人
がいないのです。
 あの鯉を無視できるなんて,信じられな~い!
 おなかがすいているなら,「あのコイ,どうやってつかまえようか」とか
「どうやって食べたらうまいか」とか,わくわくして,ますます興味がわきそう
じゃないですか?!
 
 「べんてん」でラーメンを食べてみたい人は,仮説社においでの節,一声かけてください。
 すぐ近くです。
 なお,仮説社の周辺は,ラーメン屋さんの超激戦区だということ,知ってますね?
 行列のできる有名店もいろいろあります。くわしい社員もいます。
 私はそういう店には絶対に行かないようにしていますが(ダイエット中でもあり),
情報は誰かが提供できますから,お気軽にどうぞ。(三)


よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。