今日の仮説社

 

文字入りリンゴ

本日,仮説社に板倉先生あての荷物が届きました。
差出人はルネサンス高校校長の桃井隆良さん。
中から出てきたものは……?

うわぁ,すごい!

apple1.jpg

apple2.jpg

とってもステキな贈り物でした。
ところで,こういった「文字入りリンゴ」は,実がまだ赤くならないうちに
一つひとつテープを貼って作ると聞いたことがあります。
大変な手間がかかっているんですね。
食べるのがもったいないなぁ!

……でもながめているうちにやっぱり味を見たくなったので,
皮をむいていただいてみることに。
仮説社一同もご相伴にあずかりました。
お味もとってもおいしかったです。
桃井さん,ありがとうございました。

*ルネサンス高校とは,茨城県にある広域通信制の高等学校です。
詳しくは→ルネサンス高校のホームページ



よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

クリスマスセット,完売しました!

「クリスマスセット2008」が完売いたしました!
お申し込みくださった皆様,誠にありがとうございました。

次々と発送しておりますので,
ご注文くださった皆様のところには,
近日中に到着することと思います。
あまり到着がおそくなる場合は仮説社までご連絡ください。(次)

20081210発送前
発送を待つ「クリスマスセット」の山。

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

ボンテン詰める

「クリスマスセット2008」に入れる
「ぼんてん分子模型もし原セット」を作製する(浩)氏。

20081205セット組1
黙々とセットを組んでおります。

20081205セット組2
出来上がった「ぼんてん分子模型もし原セット」たち。
《もしも原子がみえたなら》に出てくる分子が簡単に作れます。

「クリスマスセット2008」,まだの方はお早めにどうぞ!
仮説社のホームページからもご注文いただけます。(次)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

ボンテンカフェ!

 9月20-21日に開かれた仮説社フェアで,ボンテンを使った分子模型作りをやったところ,大変好評でした(9月24日のブログ参照)。大人はもちろん,小学生までもが嬉々として水分子やエチルアルコール分子までどんどんと作ってくれました。
 そんなに喜んでくださるのならば,新たに「ボンテンでの分子模型作り」の会を企画してはどうだろうかと思い,ボンテン分子模型を『たのしい授業』に紹介してくださった吉田久美子さんを講師にお迎えして,11月29日に仮説会館でボンテンで分子模型を作る「ボンテンカフェ」を開きました。

 当日は,講師も含めると9人の参加があり,仮説会館の机はほぼ満席。たいへん賑やかに分子模型を作りました。
 まず最初に,講師の吉田さんから,ボンテンとの出会いから『たのしい授業』にボンテン分子模型の記事が載るまでのお話,そしてボンテン分子模型の作り方の説明などをしていただきました。

 そのあとはもうすぐに分子模型作りに突入です。みなさん,最初はおそるおそる水や酸素,窒素に二酸化炭素などの基本の分子を作っていました。が,5分もたたないうちに作り方を会得してしまい(会得と言うほどのものでもないほど簡単なのですが),どんどん複雑な分子に挑戦していきます。

waiwai.jpg
みなさん夢中で作っています。

 メチルアルコールも人気でしたが,面心立方格子の塩化ナトリウム(塩)も人気でした。塩の分子模型は美しくてとってもいいですね。(参加者が作った模型を見て,わたしも欲しくなって,すぐに作ってみました)

nacl.jpg
これは参加者の方の作品。うつくし~。

 机の上に所狭しとならべられた「モルカ」(分子模型の絵が描かれている分子カルタ)や,見本の分子模型を見ながら,みなさんはそれらの見本通りに,玉をボンドでくっつけるだけでいいのです。ですから,どんどん分子模型が作られていきます。

 というわけで,あっというまに2時間が過ぎて,みなさん,ご自分で作られたボンテン分子模型をかかえて,ほかほかでお帰りになられました。
 ご参加のみなさん,ありがとうございました。

 さて,「ボンテン分子模型」というのは,レーヨンの柔らかい玉であるボンテンを,木工ボンドでくっつけるだけで完成という,じつに簡単な分子模型です。直径15ミリの赤いボンテンに,直径12ミリの白いボンテンを2つ,ちょっとすきまをあけてくっつけると,5000万倍の水分子が出来上がりです。
 詳しくは,『たのしい授業』2008年10月号(No.342)の吉田久美子さんの「ふわふわ分子模型バッジ」をご覧ください。
 また,ボンテンは準備が整い次第,仮説社ホームページでもご注文いたします。ご注文ください。(川)

gift.jpg
綺麗な箱に入れて贈り物に! これは講師の吉田さんの作品。
上2つは分子模型バレッタ,右下はイヤリング,左下はストラップ。


*「わたしも参加したかった」という方は仮説社にメールをお寄せください。ご要望が多いようでしたら第2回「ボンテンカフェ」を企画します。



よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

袋に入れてみる

日一日と寒さがいや増し,
街に山下達郎の例の歌が流れるようになった今日この頃,
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

僕は風邪は治りましたが先日の試合で腰を痛めました。
でも元気です。はい。

さて,クリスマスセットの中身が集まってきたので,
ちょっとクリスマス用の袋に入れてみました。

20081202クリスマスセット
こんな感じ。

けっこうボリュームが出ました。
この袋をダンボール箱に入れて,
各家庭またはご指定のお届け先にお送りする予定なのです。

クリスマスセットは仮説社のホームページからもお買いあげいただけます。
先着150名様限定ですのでお早めにどうぞ。

『たのしい授業』12月号の147ページにも,
クリスマスセットの広告が出てますので,
よかったらそちらもご覧ください。(次)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop