今日の仮説社

 

「矢八」再入荷しました!

お待たせしました!

簡単に出来て子どもが喜ぶこと間違い無しのゲーム,
「矢八」がこのほど再入荷しました。

「矢八? 知らない」という方の為に説明しますと,
「矢八」というのは,板の表裏にそれぞれ矢印が書いてあるものです。
この板をくるくるひっくり返して,
表の矢印の向きから裏の矢印の向きを想像するゲームなのです。

図で説明するとこんな感じ。

487_3_21.jpg487_4_21.jpg

これだけです。
文字通りタネも仕掛けも有りません。
「こんなのわかるに決まってる!」「人を馬鹿にするな!」
とお思いのあなた。そう,あなた。
多分,間違えます。

実際の話,大人でもかなりの確率で間違えてしまうのですね。
(次)も色んな場所でやってみましたが,最初から出来た人は皆無でした。

たいして時間もかからないので,そして技術も必要ないので,
1枚持っておくと授業の終わりにちょっと空いたときなどに,とても便利です。
「何か手軽に出来るゲームがないかな~」とお探しの方には,
特におすすめいたします。

仮説社のお買い物ページからご購入いただけますので,
ぜひぜひ1枚お求めください。税込525円です。(次)

矢八
矢八のある人生。

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

新授業書完成!

 11月1日(日)に発表会のある
 授業書《不思議な石,石灰石》ができあがってきました。

091028_1648~0001
 発表会に参加すればこの2冊が入手可

 仮説社でも販売しています(税込み1365円)。
 ショッピングサイトには載せていません。
 メールでご注文ください。
 11月1日の会に参加すると,この授業書と実験ガイドをもらえるそうです(参加費4000円)。
 定員にまだ余裕があるので,当日参加もできるそうです。
 なお,当日はこの授業書で使う実験器具なども販売します。
 会場は,早稲田速記医療福祉専門学校研修室(2F)です。(淳)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

もうすぐ臨時増刊ができるわけで

こんにちは。(次)です。

もうすぐ(裕)が進めていた『たのしい授業』臨時増刊が出来てきます。
で,装丁(表紙のデザイン)のお仕事をわたくしこと(次)が仰せつかりましたので,
ここしばらくその作業をピロリピロリと進めておりました。

先日その装丁の色校正(「印刷するとこんな風になりますよ!」というようなもの)
が出てきたのですが,思っていたのとえらく違いましたのです。

まあまあそうは言いましても,紙が違ったりプリンターの性能の問題だったりで,
色校正で色のイメージが違うということは割とよくあることなのでございます。
仕方ないので,
「色をこんな感じにしてウンチャラカンチャラ……」という風に印刷屋さんにお願いして,
もっかい色校正を出してもらいました。

そうして出来上がったのが下の写真のものでございます。

20091026色校

上のが新しいので,下のが古いの。
こうして写真に撮ってみるとどこが違うのやらさっぱり分かりませんね。

さてさてそんなわけで表紙の問題は解決しまして,
本文の方も入稿が済んでおりますので,
あとは出来上がるのを待つのみでございます。

……どんな風になってくるかドキドキです。楽しみです。

あ,言い忘れましたが,
臨時増刊号のタイトルは『子どもがよろこぶ算数・数学』です。
誰もが恐れおののく算数・数学の授業を楽しくやっちゃおう,
というような内容です。皆様どうかお忘れなく。

小学生の頃は算数の勉強をする度にじんましんを出し,
高校の数学のテストではリアルに0点を取った僕が,
よもや算数の雑誌のデザインをすることになろうとは,
お釈迦様でも知らぬ仏のお富さんでございます。

お富さんについて知りたい人はインターネットで調べてください。
(次)は竹内社長から教わりました。

そんなこんなで,
『子どもがよろこぶ算数・数学』11月2日発売予定
です。みなさまどうかお忘れなく。
身近に算数・数学の指導で困っている先生がいらっしゃいましたら,
教えてあげてください。

どうかよろしくお願いいたします。(次)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

もうすぐ臨増でますよ

11月3日に,『たのしい授業』2009年11月臨時増刊号,
『子どもがよろこぶ算数・数学』が発売されます!

皆様ぜひ手にとってご覧になってみてください。
こんな表紙です。

rinzou.jpg

B6判296ページ,税込み1260円。

全国書店の他,電話・FAX・e-mail・ホームページで,
仮説社からも直接ご購入いただけます。

--------------------------------

ところで,この編集作業中,パソコンのハードディスクが壊れました。
大事なデータのバックアップはとっていたので,仕事に大きな支障はないものの,
ちょこちょこ困ったことが起きています……。

091016_1839~0001
左が新しいパソコン(画面が大きい!)。右が今まで使っていたもの。

現在は新しいパソコンと格闘しつつ,仕事をする毎日です。
使い勝手が良いようになるまでには,まだ相当な時間がかかりそう……。

そんななか作った『子どもがよろこぶ算数・数学』!
ぜひぜひ手に取ってご覧ください!(裕)



よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

水分子イヤリング

IMG_0268_convert_20091015182500.jpg

 写真のかわいい姉妹の耳にご注目。
 彼女たちの耳についているのは,
 「ボンテン水分子模型イヤリング」です。
 
 ところで,この「分子模型をイヤリングにしよう」ということを最初に始めたのは,おそらく宮地祐司さんです(『たのしい授業』90年7月号参照)。
 当時の分子模型イヤリングは発泡スチロール球製でした。
 
 水分子はイヤリングにもなるんですね。
(淳)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

新作授業書〈不思議な石・石灰石〉(B版)発表会

11月1日(日)に「新作授業書〈不思議な石・石灰石〉(B版)発表会」という会があります。
『たのしい授業』10月号の研究会のページに会の案内を掲載するはずだったのですが,
編集部のミスで掲載できませんでした。
そこで,この場を借りて,会の案内をご紹介させていただきます。
関係者の皆様には,ご迷惑をおかけしましたことを,心よりお詫び申し上げます。

*******************

新作授業書〈不思議な石・石灰石〉(B版)発表会のおしらせ

 吉村七郎さんが逝去されて1年が過ぎました。その吉村さんが生前,その作成に尽力されていた授業書〈不思議な石・石灰石 はじめての鉱物学と化学〉(旧名:石灰の化学)が,小林眞理子さんたちの努力によって,一応の完成をみました。各地での体験講座や授業の結果も好評だということです。
 そこで,故吉村七郎さんの仮説実験授業に対する業績を回顧し,その人柄を偲ぶ意味もこめて新作授業書〈不思議な石・石灰石 はじめての鉱物学と化学〉(B版)の発表会を企画しました。ぜひご参加ください。

日時:11月1日(日) 午後1時から午後6時(受付12時30分~)
会場:早稲田速記医療福祉専門学校研修室(2F)高田馬場下車1分
内容:
(1)講演 午後1時~2時
講師 板倉聖宣さん 「仮説実験授業と授業書と吉村七郎さん ~吉村さんの業績を振り返る」 
(2)授業書発表会 午後2時10分~5時10分 
講師 小林眞理子さん
*吉村さんの遺品の頒布会も行います。

参加費:4000円(当日いただきます。「授業書」「授業・実験ノート」代を含みます)

申し込み:下記のいずれかの方法でお申し込み下さい。
 〔ハガキ〕〒271-0064 松戸市上本郷2352-9 重弘忠晴
 〔FAX〕047-331-3177
 〔Eメール〕fwnd2130●koalanet.ne.jp *●の部分には@をお入れください。
(1)氏名(2)住所(3)電話番号(4)勤務先をお書きの上お申し込み下さい。
定員:100名
〆切:10月25日 または定員に達し次第

問い合わせ先:重弘忠晴(047-331-3177)


PageTop