今日の仮説社

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仮説社フェア,やってます!

 仮説社フェアは本日もやっています。

 マシュマロもち
 くるくる磁石人形
 切り紙コースター
 煮干しの解剖
 などの体験ができます(もちろん無料)。

 本日5時までですので,ぜひお立ち寄りください。
 おみやげの「山猫ストラップ」も大好評です(お買い上げのみなさまに差し上げています)。
 
よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

スポンサーサイト

PageTop

明日は仮説社フェアです

明日は仮説社フェア,ということで,
今日もフェアの準備をしました。

いつもながら売り場をセッティングしたり,
ものづくりの用意をしたり,
ポスターを作ったり。
フェアで配る予定のお土産も届きました。

あとはお客様が来るのを待つばかりです。
仮説社フェアは29日・30日とやっていますので,
皆様お誘い合わせの上ぜひ遊びにきてください。(じ)

会場1

会場2

会場3

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

ワタアメづくりはおもしろい!

勤務時間中に,簡単ワタアメ製造機で遊んでいる社員。

110427わたあめ

もしかすると社長かも。
「この機械を売ったら,本より売れるかも」と,つぶやいている。
でも,この機械は借りものだから,売っちゃだめ!

「秋葉原で5千円台で売っていた」という情報があります。
 
ワタアメづくりは,29~30日の仮説社フェアで,体験できますよ。(三)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

マシュマロもち実演します

 「火を使わず3分でできる」というマシュマロもち。

KC3V0003.jpg
 左は500グラム入りのマシュマロ米粉。
 右はマシュマロもちキット(きな粉も入ってます)

 『たのしい授業』2011年3月号で,阿部徳昭さんに紹介していただきました。
 菅原商店(宮城県加美町)の商品です。
 
 マシュマロもちの材料は,さらさらの白い粉(米粉)。
 その粉をビニール袋に入れ,さらに牛乳を入れて,しばし袋をもみます。
 すると,粉と牛乳がまとまって弾力を帯びてきます。そこで袋から取り出し,きな粉をかければできあがり。
 食べてみると,柔らかいお餅という感じ。
 すぐにできるし,袋をもむのがたのしい。

 菅原商店は,今回の地震で機械がこわれたりしたそうですが,現在は営業を再開しています。
 マシュマロもちは,「火を使わずにできる」ということで,被災地でも人気があるそうです。

 4月29・30日の仮説社フェアでも「マシュマロもち」を作ります(販売もします)。
 ぜひ食べにきてください。
 
よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

世界の震源分布地図

新商品,世界の震源分布地図シリーズを入荷しました。

これは,この30年間で世界中で起きた震度5以上の地震を,
地図上に点で表したものです。
点の大きさがその地震のマグニチュードを,
点の色が震源の深さを表しています。
この地図を見ると,地震がけっしててんでバラバラに起きているわけではなく,
一定の法則性を持って起きていることがよくわかります。

33130世界の震源分布地図

大きくてみやすい「A2版ポスター」の他,
震源地を表す点と世界地図が別々になっているクリアファイル」(A4)もあります。
クリアファイルは中に白い紙を入れると地図が見えなくなるので,
震源地の分布だけを見ることができます。
「やけに震源地が固まって真っ赤になっているところがあるなあ」と思って,
紙を抜いて後ろの地図と重ねて見ると,
そこがわれわれが住んでいる日本だということが分かったりするわけです。

また,組み立てて立体にすることができる「ペンタグローブ」というものもあります。
正5角形12面体のペーパークラフト地球儀です。
「地図では平べったくなっていてよくわからないけど,
南極では地震は起きているのだろうか?」なんてこともわかります。
北極のところにスリットがあるので,貯金箱としても使えます。

地震のことを子どもに教えたり,
自分自身で地震のことを考えたりする時にいかがでしょうか。(次)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

もうすぐ仮説社フェアなのです

こんにちは。
『たのしい授業』の入稿を終えてよろよろしている(次)です。
今日はちょっとCMを。

4月29日と30日に,毎年恒例の「仮説社フェア」を行ないます。
おもちゃや実験器具,本など,いろいろ用意してお待ちしていますので,
ぜひおいでください。
仮説社に興味はあったけど来たことはない,という方,大歓迎です。

毎回恒例のお土産はレアな仮説社オリジナルグッズをお配りする予定です。
現在製作中ですが,出来映えがどんな感じになるかドキドキしてます。
う~,どうなるかなあ。

どんなオリジナルグッズを作っているのか気になる人も,
ぜひ仮説社フェアにおいでくださいね~。(次)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

鼻で吹く笛(ノーズフルート)

 今春の「たのしい授業フェステイバル&入門講座」(於・尼崎)の会場で
 ノーズフルート(鼻笛)

IMG_1640.jpg
 これがノーズフルートだ!


 という楽器に初めて出会いました(市原千明さんに見せていただきました)。
 ノーズフルート(鼻笛)は,その名の通り,鼻息で鳴らす楽器です。
 楽器そのものはプラスチックの平べったい板状のもの。
 軽くてポケットにも入る大きさです。
 これを鼻と口にあてて,鼻息だけで鳴らすのです。
 鳴らしているところを見られると何となく恥ずかしい。
 でも,音はオカリナのような,心なごむ音です。

 買ってすぐに音を出すことはできたのですが,メロディーを奏でるまではいきません。
 そこで,インターネットで「吹き方」などを調べていたら,「鼻笛教室」があるのを発見。
 それも自宅のすぐそばでやっていたので,さっそく参加してきました。
 教えてくださったのは,鼻笛演奏家(!)のモスリンさん(http://mosurin.town-web.net/music/)。
 「鼻笛演奏家」という方がいるんですよ,世の中,広いなあ。
 そのモスリンさんが吹く鼻笛に合わせて,参加者も一緒に吹くという練習を1時間ほどやってきました。どうにかメロディーは吹けたものの,まだまだ音は安定しません。
 うまくなるコツは「練習あるのみ」だそうです。それに「子どもは上達が早い」とか。
 みなさんも一度吹いてみてはいかがでしょう? 寝転がっていても吹ける気楽な楽器です。
 仮説社でも売っています(1個315円)。
 

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

激痩せした友人の話~後日談

こんにちは。(次)です。

先日は寄生虫についてのブログ,失礼しました。
その後進展がありましたのでご報告します。

先日例の激痩せした友人が帰国しました。
帰国前から「寄生虫の検査ができる病院を調べておいてくれ」
と頼まれていましたので,あちこちに電話をかけたりして調べ,
友人に紹介して帰国後即病院に行ってもらいました。

診断の結果は「サナダムシでした」ということで,
今度入院して駆除を行なうそうです。
……まあ,早く帰国してもらってよかったかなあ。

また今度寄生虫館に菓子折り持って行かないと……。(次)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

激痩せした友人の話

今回はちょっと気持ち悪い(?)話なので,
そういう話が苦手な人はご注意ください。

友人に,カバディの修行で2月の頭からインドに行っている人がいます。
先日(次)も同じくカバディの修行のためインドに行き,
久しぶりに友人に会ったのですが,
日本にいた時と比べて,あまりに痩せ細ったその姿にビックリしてしまいました。

友人曰く「インドに着いてしばらくして猛烈な下痢と吐き気に襲われ,
日本にいたときより体重が10キロ以上減少した」とのこと。
話した感じではいたって元気な様子でしたが,
今でも朝は腹痛と共に目覚め,1日に5~6回はトイレに駆け込んでいるようです。

そんな友人の様子に不安を覚えつつ,
1週間のインド修行を終えて日本に帰ってきて数日後,
友人からこんなメールが届きました。

「インドの医者に行ったところ単なる旅行者下痢だという診断を受けました。
ただ,素人判断では明らかに寄生虫と思われる物体
大便から出続けているので,
それが非常に気になります。
インドの医者にも写真を見せたのですが,
彼も言葉を濁していたので,よくわからなかったんだと思います。
もし良かったら写真を送ります。
かなりショッキングな映像なので,夢に出るかもしれませんが」

……「正直見たくねえ」と思いつつ,
でも,放っておいて何かあっても困るので,

「医者に見てもらうから送ってください。できたら便から取り出したものを」

とメールしました。

しばらくして,写真を添付したメールが送られてきました。
送ってもらった写真には豆のような形の小さな物体が写っています。
もちろん僕は寄生虫の専門家ではないので,それがなんなのかは分かりません。

で,とりあえず専門家に見てもらうことにしました。

寄生虫といえば真っ先に頭に浮かぶのは,目黒寄生虫館です。
なんと言っても目黒寄生虫館は,
〈寄生虫を専門に扱った世界で唯一の研究博物館〉(同館HPより)です。

ドキドキしながら寄生虫館に電話してみると,研究員の方が親切にも,
「写真を送っていただければ見てみますよ」と言ってくださいました。

さっそく友人から送られてきた写真をメールに添付し,
寄生虫館の,教えてもらったアドレスに送ってみました。
さて,どんな結果が出るやら……。

しばらくして,寄生虫館から電話がかかってきました。

「写真を拝見しましたが,〈仮に〉寄生虫だとすると,
有鉤条虫,または無鉤条虫の片節の可能性がありますね」

詳しく聞いてみると,「有鉤条虫」「無鉤条虫」というのは,
いわゆる「サナダムシ」の仲間のようです。

この生き物は主に腸に寄生して成長するのですが,
細かい節がつながった構造の体を持っていて,
その節(片節)がぶちぶち千切れて便と一緒に出てくるらしいです。
中でも,「有鉤条虫」というヤツは体の中で悪さをすることがあるそうで,
人間にとって危険なこともあるとか……。

分かったことをインドにいる友人に伝えると,

「しばらく練習もなさそうなので,
この物体がなんであれ早めに帰国することにします」

という返事が来ました。
実のところまだ,彼の腹の中に寄生虫がいると決まったわけではありません。
でも,何かあってからでは遅いので,
早めの帰国を決断してくれて良かったと思います。
帰国したら,ただちに病院で検査を受けてもらわねば。
入関でひっかかってそのまま病院送りになるかもしれませんけど。

寄生虫館の研究員さん,
親切に対応してくださってありがとうございます。(次)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。