今日の仮説社

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『煮干しの解剖教室』で,仮説社が児童福祉文化賞推薦作品を受賞しました

「2011年度児童福祉文化賞推薦作品」を,『煮干しの解剖教室』で,仮説社が受賞しました。
その表彰式が,5月13日に,厚生労働省で行われましたので,著者の小林眞理子さんとともに出席してきました。

地下鉄で,高田馬場から霞が関駅に行き,直通の通路を通って厚生労働省へ行きました。入り口では2重のチェックを受けましたがもちろん事前に申し込みをしてありましたので無事に通れました。エレベータに乗って17階にある会場に時間ぎりぎりに到着。すぐに表彰式が始まりました。

主催者の挨拶や児童福祉週間標語最優秀作の表彰のあと,児童福祉文化賞の表彰が始まり,『煮干しの解剖教室』著者の小林眞理子さんが前に出て賞状と盾を受け取りました。出版部門のほかに,舞台芸術部門,映像・メディア等部門,特別部門と,全部で十数人の表彰が終わったあと,受賞者を代表して特別部門の受賞者・山田火砂子さんが挨拶をして,40分ほどで表彰式は終了しました。
その後は受賞者がならんで記念撮影をして,すべて終わりです。
IMGP1191コピ


『煮干しの解剖教室』の紹介文は次のとおりです。
「料理のだしを取るのに使われるカタクチイワシの煮干しを使って,魚の解剖をしようという本です。
 大きめの煮干しを準備し,本書に書かれている通りに手で煮干しをほぐしていくだけで,自宅で簡単に解剖学習ができます。目やえら,心臓,脳,胃,などがちゃんとあることが確認できて感動的です。生の魚は気持が悪いという子どもでも,気軽に参加できます。写真や絵で丁寧に説明されているので,子どもだけでも読むことができます。実際にカエルや魚を解剖することが困難になってきている学校の授業にも最適です。「生き物の体の中はどうなっているの?」という子どもの好奇心に応えてあげることで,科学への興味がより一層強まります」

(仮説社 川崎浩)

ところで,「児童福祉文化賞」とは何か,ご存じなかった方は下記の文章をお読みください。

厚生労働大臣の諮問機関である社会保障審議会では,児童福祉法の規定に基づき,「子どもに優れた文化財を提供すること」を目的に福祉文化分科会を設け,出版物委員会,舞台芸術委員会,映像・メデイア等委員会において,出版物や演劇,映像等の優れた作品の推薦と特別推薦を行い,児童福祉文化の向上・普及に努め,児童福祉のより一層の充実のために積極的役割を果たしてきました。
「児童福祉文化賞」は,昭和34年,児童福祉週間を記念して,児童福祉文化の普及向上を図るために設けられました。

スポンサーサイト

PageTop

板倉式発想法の会

昨日,5月29日は「板倉式発想法の会」でした。

「板倉式発想法の会」は,少し前まで月に1回金曜日に開催されていましたが,
先生の体調の都合でしばらくお休みしていました。
ただここ最近はとてもお元気ということもあり,
話したいことがたくさんあり,それを多くの方に聞いていただきたいという気持ちもあって,
5月から月に1回ぐらいの割合で「発想法の会」を開くことになりました。

昨日はその第1回で,日本の地震学者たちについての最近の研究のお話をなさいました。
その他,最近完成した《はじめての世界史》の発表会も行われました。
第1部と第3部を愛知の岸勇司さんが,
第2部は板倉先生が発表してくださいました。

110530発想法の会

当日は台風が接近し,大荒れの天気だったにもかかわらず,
日本中から50人以上の方が参加してくださいました。
皆さん,ありがとうございました。お疲れさまでした。

次回の「板倉式発想法の会」は6月26日を予定しています。(じ)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

京都パスカル人体解剖図

 元小学校教師の小室さんは,現在,カンボジアで〈教師をめざす若者たち〉に生物を教えている。
 その様子は,3月にNHKで放送(↓)されたので,ご存知の方もいるかな。
 http://www.nhk.or.jp/mission-blog/missions/74161.html

 少し前のこと,小室さんから京都パスカル人体解剖図がほしい」というメールをいただいた。
 さっそく,お送りしたのだが,なぜか届かない。
 カンボジアの郵便事情は,かなり悪いらしい。
 「京都パスカル人体解剖図」なら,色塗りして組み立てるだけなので,きっと喜んでもらえたはずなのになあ。残念。
 どなたか,近々,カンボジアに行く人はいないかなあ。

 ところで,今日,「京都パスカル人体解剖図」の増刷が出来上がりました!

 まだ使ったことのない方は,ぜひ試してみてくださいね。(淳)
 
よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

くるくる磁石人形

『たのしい授業』2011年3月号に,
伊藤正道さん(愛知・小学校)の「くるくる磁石人形」という記事が載りました。

その記事を読んだ佐藤晴美さん(神奈川・小学校)が,
職場のみなさんと作ったという作品の写真を送ってくださいました。
とてもかわいい作品ばかりでしたので,
この場を借りて紹介させていただきたいと思います。
写真はすべてクリックすると大きくなります。

110523磁石人形-1

110523磁石人形-2

110523磁石人形-3

110523磁石人形-4
カニ……と,奥にいるのはもしやエリック・カールの『はらぺこあおむし』!?

『たのしい授業』6月号に,
佐藤晴美さんによる「くるくる磁石人形」の作り方が載りますので,
ぜひご覧ください。
6月号は6月3日発売予定です。(じ)

かったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

盛岡(たのフェス)にて

110511桜

 盛岡市の都南中央公園にはシダレザクラがたくさん咲いていて,みごとでした。
 近眼のうえに植物知識のとぼしい私は,はじめ「藤の花って,東北では今ごろ咲くのか。きれいだなあ」なんて感心していたのでした。
 
 5月の7~8日,「東北たのしい授業フェスティバル2011」に参加してきました。
 会場であるキャラホールは,シダレザクラのある公園に面していました。

 この会について,3月3日発売の『たのしい授業』3月号には,「予告」がのっています。
 そして11日。東北/北関東地方をおそった大地震。

 『たの授』4月号(4月3日発売)を見ると……やっぱり「東北フェスティバル」の案内がのっています。
 定員は「50名」となっていました。

 「実施」の判断を下したとき,まだ主催スタッフの安否さえ十分に確認できていなかったはずです。
 「絶対に中止にはしない」という主催グループの気迫が感じられます。
 「これは,行かなくちゃ!」と思いました。

 通りがかりに見たところ,盛岡の町並みには地震の直接的な被害がまったく感じられませんでした。
 でも,会場は,変更されていました。
 4月号に予告されていた会場は,被災者のための避難場所になってるということでした。

 参加者は,大人だけで45人くらいでした。
 定員より少ないといえば確かにそうですが,私の予想を大きく越えていました。

 予定されていた,国語,算数,理科,道徳などにかかわる講座のほかに,「災害とこれからの教育」の講演や,「中一夫さんによる「放射線とシーベルト/改定版(山本海行原案)」の授業講座などが行われました。
 被災者の報告やボランティア体験談は短時間でしたが迫力がありました。それに,どなたもユーモアたっぷり。
 中さんによる「放射線~」のミニ講座も,講演も,圧倒的に好評でした。 
 愛知からかけつけた伊藤善朗さんのウクレレと,おもしろ科学実験を出前する萠出浩さんの指笛との合奏もありました。

 8日の早朝には,「ちょっと激しいかな」という余震がありました。
 これも,すばらしい会の「ふろく」みたいなものと,私には感じられました。(三)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

板倉先生のお誕生日

昨日,5月2日は板倉聖宣先生のお誕生日
みんなでケーキやワインを持ち寄り,先生のご健康と長寿をお祝いしました

110503先生誕生日
かんぱ~い

板倉先生,これからもどうかお元気で

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

仮説社フェアは終わりましたが

 これは何?

KC3V0005.jpg


 上の写真,薄い四角いものは「切り紙コースター」。
 ボンテンを使ったものは,「くるくる磁石人形」です。
 いずれも,仮説社フェアでお客さんに作っていただいたものです。
 フェアは終わりましたが,フェア期間でなくても,小さな売店がありますので,ぜひお出かけください(日・祝日はお休み)。
 
よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。