今日の仮説社

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今年の営業は本日まで。

 昨日、社内の大掃除が終わり、今日は年賀状の発送やら、年明けの会用の商品の出荷やらに追われていました。どうにか、今年の仕事もほぼおしまい。明日からお休みです。
 新年の営業は1月5日からです。ネットでのご注文はお休み中も受け付けていますので、どしどしご注文くださいね。ただし、発送は1月7日からになります(お急ぎのご注文は、1月5日にお電話ください)。
 今年もお世話になりました。よいお年を。

 なお、1月13日は「新春仮説社フェア」を開催します。
 1月4〜6日に京都で行われる仮説実験授業研究会の冬の大会にも出店しています。
 新刊や新商品をご用意して、お待ちしています。(淳)

スポンサーサイト

PageTop

うれしいお便り

 例年ご好評をいただいているクリスマスセット,今週月曜に,ご注文いただいた方々にお送りさせていただきました。
 すると,さっそくうれしいお便りをいただきました。
 「今日クリスマスセットが届きました! オズワルド思っていた以上にステキ!! 前進させると足音がすっし,すっしとするのもイイし,首がぐらぐらで物憂げなのもイカス! 瞭(息子)はソーラーカエル君を勝手に開けて作り出してしまいました。
 仮説社さんのセレクトは,スバラシイです。ありがとうございました」(宮城・村岡京子さん)

オズワルド-のコピー
オズワルド君(村岡京子・画)

 オズワルド君,人気のようで何よりです。
 そこで,クリスマスセットの中から,オズワルド(税込945円)とランニングアニマル(税込315円)とフェイシーズスタンプ(税込525円)は単品でも販売させていただくことになりました。クリスマスセットを買い忘れた方は,ぜひこの機会にお求めください。
 ご注文はメールで hanbai●kasetu.co.jp (●は@に入れ替えてください) までお願いします。(淳)
 
よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

クリスマスセット内容紹介2〜「ソーラーフロッグ」

「クリスマスセット2012」内容紹介第2弾!

今回ご紹介するのは「ソーラーフロッグ」です。

「ソーラーフロッグ」は太陽の光を当てるとひょこひょこ動くカエルのおもちゃ。
組み立て式のキットなので,作る過程も楽しめます。
ZOIDS大好き少年だった(じ)は,かなり楽しく組み立てることができました。
同じくクリスマスセット実行委員の(み)も簡単に組み立てることができたようです。

ちなみにこいつ↓です。
ソーラーフロッグ

くりくりっとした目がなかなか可愛いやつです。
工作好きな人はきっと楽しめるのではないかと思います。

それではまた〜(じ)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

クリスマスセット内容紹介1〜『望遠鏡で見た星空の大発見』

こんにちは。(じ)です。
長らくご無沙汰していてすみません。

これからしばらく,もうすぐ発売の「クリスマスセット2012」の内容紹介をしていきたいと思います。
本当はもっとはやくやりたかったのですが,
なんやかやでなかなか手が回らず……申し訳ありません。

というわけで内容紹介第1弾は,

「やまねこブックレット」シリーズ第1弾
ガリレオ・ガリレイ原著 板倉聖宣訳『望遠鏡で見た星空の大発見』

……です!

まず「〈やまねこブックレット〉とはなんじゃい?」という所から説明しますと,
古今の科学読み物を手軽なブックレットサイズにまとめた仮説社の新シリーズでございます。
これからしばらく(少なくとも10册は)出していきたいと思っているのですが,
『望遠鏡で見た星空の大発見』は,その記念すべき第1弾なのですね。

ちなみに↓が表紙のイメージ。
ガリレオ

かって国土社から発売された「少年少女科学名著全集」に収められていた一篇に,
訳者である板倉先生が大幅に手を加えて,このたび仮説社から出版することになりました。

この『望遠鏡で見た星空の大発見』は,
ガリレオが自作の望遠鏡で星空を観測して発見した様々な事柄を書き綴ったものです。
当時の本としてはかなり薄い本なのは,ガリレオが自分の発見したことを,
なるべく早く多くの人々に知ってほしいと思ったからでしょう。
でも,薄いからといって内容まで薄いと思ったら大間違い!
当時の人々の常識,そして世界観をグリッとひっくり返すようなたくさんの発見が詰まっています。
後に『天文対話』などにつながっていく第1歩がこの本なのです。

もちろん,現代の科学から見ると間違っている所も少なからずありますが,
それは,この本の価値を本の少しもおとしめるものではありません。
この本は,「先駆的な研究をするなら,間違いを避けて通ることはできない」
ということを示す格好の手本でもあるのです。

「もしかしたらクリスマスセットに間に合わないかも……」とヒヤヒヤしながら作りましたが,
なんとか間に合いました。
皆様,ぜひ読んでみてください!(じ)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

新刊2冊,もうすぐ出ます!

 このところブログの更新が止まっていました。すみません。
 というのも,新刊2冊の刊行準備を進めていたからです。
 今日,ようやくその2冊の刊行のメドが立ちました。
 
 その1冊目は,ガリレオ・ガリレイ著/板倉聖宣訳『望遠鏡で見た星空の大発見』(税込840円)です。
 こちらは,新シリーズ「やまねこブックレット」の第1弾です。
 
 そして,2冊目は,宮地祐司『サイフォンの科学史』(税込1890円)です。
 どちらも,12月中には完成するはずです。
 ぜひ,手にとってみてくださいね。(淳)

121204_1644~01121204_1644~01

印刷屋に渡した『サイフォンの科学史』

 
よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。