今日の仮説社

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『科学開講!』,入荷しました!


 寒いです。今日は土曜日で,出張に出かけている者あり,休んでいる者ありと,社内は閑散としています。
 そのせいもあり,ガスストーブをつけていても寒いです。
 でも,何人かお客様もいらしていただき,うれしいです。

 年内の営業も本日でおしまい。新年は5日から営業開始です。
 ところで,さっき『科学開講!』という本が入荷しました。

科学開講

 京都大学総合博物館が所蔵するおもに明治期の実験器具のカタログです。
 豊富な写真と解説で,近代科学教育の黎明期の様子をうかがい知ることができます。
 塚本浩司さん(千葉・高校)もコラムと「よみがえるたのしい科学の伝統」という文章を寄稿されています。
 たとえば,どんなものが載っているかというと,「ゲーデ水銀ポンプ」「クインケ音波干渉管」「メガスコープ」「メローニの熱電堆」「ウィムズハースト静電高圧発生装置」「ガイスラー管」……といったように,名前を聞いただけではよくわからないものがたくさん。でも,パラパラとながめているだけでも楽しいです。

 『科学開講!』は仮説社でも販売しています(『たのしい授業』2月号でも紹介する予定)。
 1月10日の仮説社フェアで,ご覧いただけます。
 ご注文はメールでどうぞ(本体1800円,税・送料別)。

 では,皆様,よいお年を!(淳)
 
よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

スポンサーサイト

PageTop

仮説社楽天市場店で「世界一美しい周期表したじき」セール中!

こんにちは。(じ)です。
2日続けての投稿です。
今回は仮説社楽天市場店で開催中の「世界一美しい周期表セール」のお知らせを。
ブログの内容も楽天市場でのDMの内容そのままですが,ご勘弁ください。
以下が本文です。

************************

よく本屋に行く方ならご覧になったことがあるかも知れませんが,最近「世界一美しい◯◯」という名前の本がたくさん出ています。
実は,この「世界一美しい〜」というタイトルのさきがけになったのは,セオドア・グレイという人の作った「世界一美しい周期表」というものなのですが,ご存知でしょうか?

セオドア・グレイさんは『Mad Science 炎と煙と轟音の科学実験54』などの本の著者であり,〈たくさんの元素の実物を集め,それを周期表(periodic table)の形に並べたテーブル(つまりperiodic table table――ややこしいな)を作った功績〉で「イグ・ノーベル賞」を受賞したこともある偉い(?)人です。

そして,そのグレイさんが撮影した写真を使って作ったのが「世界一美しい周期表」なのです。
黒地に美しい実物の写真を配置した周期表は確かに非常に美しく,私も初めて見たときは「こんなおしゃれな周期表があるのか」と感動しました。

その後,縁あって,仮説社は日本で最初にグレイさんの「世界一美しい周期表」の輸入・販売をさせていただくことになり,現在はオリジナル商品として,解説を日本語訳した「世界一美しい周期表」のしたじきなどを独自に製造・販売しています。

世界一美しい周期表紙製

この度,仮説社楽天市場店では「世界一美しい周期表」の重版(累計40000枚)を記念して,割引セールを行なうことになりました。
現在1枚400円(税別・送料無料)で販売している「世界一美しい周期表」を,ご購入いただいた枚数に応じて以下のように割引いたします。

5枚…5%引き
10枚…10%引き
20枚…20%引き
30枚…30%引き
40枚…40%引き

ご覧のように,買えば買うほどお得になっています。
理論上は100枚買えば100%引きでタダになるはずですが,それをすると仮説社が遠からず破産してしまいますので,割引は40%までです。
すみませんがご容赦ください。

普通にしたじきとして使うことができる他,きれいな見た目からプレゼントとしても非常に喜ばれます。
科学好きなお友達へのプレゼントに,ぜひいかがでしょうか?

☆「世界一美しい周期表したじき」
http://item.rakuten.co.jp/kasetu/c/0000000139/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◯後記

セオドア・グレイさんが受賞した「イグ・ノーベル賞」はノーベル賞のパロディーで,「人々を笑わせ,そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる実在の賞です。
「足のにおいについての研究」「ハトを訓練してピカソとモネの絵を見分けられるようにする研究」「人が異なる味のガムを噛んでいるときの脳波パターンの研究」など,クスッとしてしまうような研究から,ちょっとマジメに考えてしまうような研究まで,毎年多数の研究がイグ・ノーベル賞を受賞しています。
wikipediaなどで受賞者(と受賞理由)の一覧を見ることができますので,ぜひ1度見てみることをおすすめします。
世の中では,実にいろいろな人がいろいろなことを考えて生きているということがよく分かります。

同様の賞にラジー賞(ゴールデンラズベリー賞の略,アカデミー賞のパロディー)があります。

************************

↑DMの内容はここまで。
仮説社楽天市場店では最近,他にもいろいろなセット商品を扱い始めました。
ショッピングサイトで買うよりもお得なものもありますので,そちらもぜひご覧になってみてください。

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

仮説社ショップオブイヤー2014〜おもちゃ・実験器具部門〜

こんにちは。(じ)です。お元気でおすごしでしょうか。

ここのところすご〜く寒いですね。
大雪が降っている地域もあるようで,不安な思いで過ごされている方も多いのではないかと心配しています。

東京・仮説社周辺は雪こそ降っていませんが,すご〜く寒いです。
ちょっと前まで半袖Tシャツでウロウロしていた(じ)も,ちょっと前からヒートテックの上にパーカーを着てウロウロしています。
「まだTシャツで頑張れ」と言われたりしますが,すみません,もう無理です。

さて,本題です。
ブログのタイトルに「仮説社ショップオブイヤー」と,いささか唐突に書いてありますが,これは,(じ)がよく読んでいるサプリメントショップのブログのパクリです。
「ショップオブザイヤー」という言葉からわかるように,今年,つまり2014年に仮説社でよく売れた商品をご紹介しようという腹づもりなのです。
興味がある人がどれぐらいいるか分かりませんが,一回やってみたかったのです。

一応のルールとしては,「仮説社のショッピングサイトで売れた商品のうち,一番売れた数が多かったもの(ただし発泡スチロール球などは除く)」を発表することにいたします。

では,前置きはこれぐらいにして,発表いたします。

「仮説社ショップオブザイヤー2014〜おもちゃ・実験器具部門」第1位は……















「てん☆てん」です!

141219てんてん

ご存じない方のために説明すると,「てん☆てん」は岩手の教員,志田竜彦さんが開発したカードゲームです。
遊び方は極めてシンプルで,0から10までの数字が書かれたカードを組み合わせて「10」を作って場に出していくだけ。
「0」のカードには「1人飛ばし」「逆回り」などの役がついていますが,それは一種のスパイスのようなもので,このゲームの本質はひたすら数字を組み合わせて「10」を作っていくことにあります。

ルールが簡単なので足し算覚えたての小さな子どもでも遊べる上,繰り返し遊ぶことで10までの計算を楽しく学習できるドリル的な効果もあります。
また,数字の横にはタイルの絵が描いてあるので,数字がまだ覚え切れていない子どもでも,直感的に数が把握できるようになっています。

今年の5月頃に仮説社でも取り扱いを開始しましたが,「班に1つ」という使い方をされる方が多いためか,非常によく売れました。
新商品は発売直後が一番良く売れて,以降はだんだん売れなくなる,というものが多いのですが,「足し算をドリル的に学習できるカードゲーム」という性質のためか,この「てん☆てん」は発売以降安定して売れつづけています。
お客様からの評判も非常によいので,今後も長く取り扱わせていただきたいな,と思っている商品の1つです。
以下に,実際に「てん☆てん」で遊んだ子どもたちの感想をいくつかご紹介したいと思います。

☆10をつくって出したり,前の人に「つぎの人お休み」のカードを出されたり……など,とってもドキドキしてスリルまんてんで楽しかったです。(小4)
☆「てん☆てん」はぴったり10じゃないと出せないので,いつ出せるのかなとわくわくします。やり方は,すごくかんたんなので初めてやったときでも,すぐ覚えられました。(小6)

「てん☆てん」は小さなお子さんがいらっしゃるお客様や,小学校の先生などに特におすすめですが,大人がやっても普通にたのしいです。
お正月などに家族で遊ぶのもいいかもしれませんね。

……というわけで,「仮説社ショップオブイヤー2014〜おもちゃ・実験器具部門」を発表いたしました。

「書籍編」「授業書編」もやろうかどうしようか迷っているんですが,どうしようかな……。(じ)


よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

クリスマスセット発送しました!

こんにちは。(じ)です。
本日,朝から社員総出での発送作業に取りかかり,無事にクリスマスセットの発送が完了いたしました。
たくさんの方々にご注文いただき,感謝の気持ちでいっぱいです。
セットが売り切れてしまったために,ご注文をお受けできなかった方もいました。
申し訳ありませんでした。
来年もやると思いますので,またどうかよろしくお願いいたします。

本日発送しましたので,早いところは明日,遅くても明後日ぐらいにはほとんどのところに到着すると思います。
ぜひ遊んでみての感想などもお聞かせいただけるとうれしいです。

写真はセット用の段ボール箱(空っぽ)をうずたかく積み上げる(浩)氏。
こんなに高く積む必要があるのだろうか……。
141212段ボールタワー

これを見て何かに似てるなあ,と思ったら,↓でした。
141212コーヒータワー
個人用のコーヒーを入れた後のゴミが積み上がっているところ。
気がつくとよくこういう事になっています。

積むのが好きな会社なのかなあ……。

クリスマスセットの発送がすんで,大きな仕事が1つ片付いた感じです。
残る大仕事は『たのしい授業』の〆切と大掃除と年賀状の発送と年末年始の会の準備と……
けっこういろいろありますね。

まだまだ仮説社の2014年は終わりません。
それでは!(じ)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

2015年版仮説社出版目録が出来ました!

こんにちは,12月10日水曜日,高田馬場は快晴です。

さて,今日は長らく更新が途絶えていた「仮説社出版目録」最新版完成のお知らせです。
前回は2011年版だったので,かなりご無沙汰していたわけです。

目録出来た
    2015年版仮説社出版目録

前回の2011年版を作ったのも私(=伊丹)なのですが,
このときは入社して1ヶ月ちょっと……。
編集ソフトの基本的な操作もままならない人間が無理やり作ったため,抜本的な手直しが必要な仕方で出来上がってしまっていました。

しかし今回,かなりの部分を作り直すことができたので,次回作はそんなにお待たせしないで作ることができるのではないかなと,ホッとした気持ちでいます。

【出版目録ご希望の方】
出版目録ご希望の方は,無料でお送りいたします。お電話・FAX・メール等でお問い合わせください。
なお,『たのしい授業』を仮説社から直接定期購読していただいている読者の方には,『たのしい授業』2015年1月号(No.429)と一緒にお送りする予定です。


よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop

クリスマスセット完売しました!

おかげさまで「クリスマスセット2014」は完売いたしました。
ご注文くださったみなさま,ありがとうございます。
発送は12月12日の予定です。

アウトレットセールはまだ行なっていますので,そちらもぜひご覧ください。

PageTop

歳末感謝アウトレットセール開催中!

こんにちは。(じ)です。
みなさまお元気でお過ごしでしたか?

気がつけばもう12月,2014年もそろそろ終わろうとしていますね。まずい!

……なにが「まずい」かはさておき,みなさまの2014年はいかがだったでしょうか?
(じ)は,結婚,引っ越し,2度のインド遠征(コルカタ,ムンバイ),アジア大会出場(韓国),新婚旅行……と,今までの人生の中で最も忙しく,精神的にも消耗することの多い1年でした。
でもまあ,楽しいことも多かったし,振り返ってみれば充実したいい一年だったと思います。
来年は,今年あんまり日本にいなかった分も,頑張ってバリバリ仕事をしようと思います。

さて,日頃からたくさんの方に仮説社のショッピングサイトをご利用していただいているわけですが,この度,感謝の気持ちを込めまして,「歳末感謝大アウトレットセール」を開催することにいたしました。
というかもう開催してます。

今年ヒットしたあの商品や,「えっ? こんなのあったの?」というような珍しい物まで,ショッピングサイト内の特設コーナーで販売しています。
ぜひ1度ご覧になってみてください。
一部売り切れてしまった物もありますが,まだまだお買い得品がありますので,お見逃し無く!

★編集後記

10月末に岩手の仮説実験授業研究会会員,シダさんの学校にカバディを教えにいきました。
2時間続きの授業で中学1年生3クラスを同時に教えて,最後に試合をしました。
中学生ぐらいになると,試合前に自分たちで作戦を考えたりするんですね。
普段小学生を教えることが多いので,「中学生ってすげえなあ,大人だなあ」と感心しました。
子どもたちも楽しんでくれたようで良かったです。
あと,短角牛の焼肉がと〜ってもおいしかったです。
シダさんありがとうございました。

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。