今日の仮説社

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『理科教育法入門』,本日,発売!

  あなたはどんな人が教師に向いていると思いますか? 次の中から選んで○を付けてみてください。
「子どもと関わるのが好き/明るい性格/笑顔で元気/大きな声/お話し上手/日常会話が苦にならない/一人でいるより大勢でワイワイしている方が好き/人に教えるのが好き」
 さて,あなたはいくつ○が付きましたか? 
 ところで,本日発売の『理科教育法入門』の著者であるヤマジさんは,「普段のボクには一つも当てはまるものがない」と書かれています。にも関わらず,ヤマジさんは40年も教師を続けてきたのです。それは,なぜか?

やまじ画像

 本書は,ヤマジさんがその時々にぶつかった教育上の問題をどのように解決していったかを,一つひとつていねいに描いています。ですから,これから教師になる人にも,今,教師をされている人にも,すぐに役立つような内容になっています。「子どもたちに科学のたのしさを伝えたい」と思っているあなたの助けになること間違いなしです。(淳)
 
よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

スポンサーサイト

PageTop

こんな祭りでした

 予告どおり,2月27日(土)に「仮説社史上最大の祭り」を開催しました。
 仮説社では過去に「祭り」なんてしたことがないのですから,「史上最大」は嘘ではありません。でも,学年末のふつうの土曜日でしたから,お客様がどれほど来てくださるのか,心配していました。
 
 定員80名はあっさりクリアして驚いたのですが,こんどは会場の狭さ,準備の段取りが心配になりました。

 が,心配したような「混乱」はおこりませんでした。
 なんだか皆さん「主催者の一員」という感じでした。きっと,皆さんが「仮説社を守り育ててやろう」という気持ちだったのではないでしょうか。
 
 巣鴨名物(仮説社認定)の焼売は,あっという間になくなりましたが,特製「きりたんぽ鍋」は全員に賞味していただけたと思います。特命料理人が素材を秋田からとりよせて,この日のために調理してくださったものでした。
2016-02-27料理スタッフ

 特命バーテンダーも待機していました。もちろん,バーテンダー以外の人も,ちゃんと飲んでいましたよ。
2016-02-27-住本バーテンダ

 おなじみ,好文亭梅朝師匠の落語「親の顔が見たい」,メルシー渡辺師匠による手品,いずれも見事なものでした。ただ,超不安定な「高座」から梅朝師匠がころが落ちたりしたら,そこれこそ笑いごとではなくなると,最前列ではらはらしていた人もいたとか。 
写真-2016-02-27好文亭梅朝
2016-02-27-客席

 この日,忙しい時期にもかかわらず,日本中からお集まりくださり,「全国話題交換会」もできました。しかも,たくさんの方が各地の銘菓/銘果/銘酒などをおみやげにお持ちくださいました。もう,感謝感激。
 はからずも「全国名産品交換賞味大会」も実施することができました。
 「かたじけなさに涙こぼるる」という怪しい古歌の一節を思い浮かべることとなりました。
 ありがとうございました。
 こんどは,どなたか,どこかで,「祭り」を企画しませんか?

写真は木下富美子さんがつくってくださった「仮説社折り込み句(折句=アクロスティック)」
木下折句

補足:当日最初の出し物「蕪主(株無し)総会」で,仮説社の役員交代劇が数分で演じられました。
 新代表(社長)は川崎浩で,竹内三郎は会長に就任しました。
 よろしくお願いいたします。(三)

よかったらバナーをクリックしてください。仮説社のブログランキングが分かります。
人気blogランキングへbanner_02.gif

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。